Amazonでおすすめのデッサン人形を買ってみた「レビュー」

レビュー
DSC_0118

趣味でアクション漫画を描こうとした主ですが、いかんせんネット上では資料が少なく困っていました。

本屋でアクション中心のポーズ集を購入してみたものの、求めている動きがなく、どうしようかと考えていた時に「デッサン人形」に目をつけました。

しかしamazonでデッサン人形を調べてみると評価☆3のものが多く、個別のレビューを見ると酷評が目立ちました。

 

 

 

そんな中☆4の評価がついている「デッサン人形」を見つけました。

「figma archetype next:she flesh color ver. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア」

素体の作りがよく、可動域も広い、買ってよかったというレビューが多く目立ちましたので主も購入する決意をしました。

購入から2週間が経ちましたが、今回は使用感や良い点、悪い点を解説していきます。

 

使用してみて感じた良い点

まず2週間使用してみた率直な感想は「非常に満足!」これに尽きます。

こちらのデッサン人形の語らなければならない良い点が2つあります。

 

1:手や足の指まで作りが細かい

 

数あるデッサン人形の中で私が購入するにあたった決め手の1つが「手足の作りの細かさ」です。

画像を見ていただければわかる通り、3種類の手を作りたいポーズに合わせて付け替えが可能で、指先までリアルに作りこまれています。

足に関しては他のデッサン人形とは違い靴下で簡略化されておりません。

さらに指の付け根のところを上下に動かすことができ、表現の幅が広がります。(足をピンとさせることができます)

 

「手の描き方や足の描き方がよくわからない!」という方にも強くお勧めできます。

2:関節がよく曲がる(求めるポーズが作りやすい)

同じ価格帯もしくはそれ以下のデッサン人形と比較して、こちらの関節は非常によく曲がります。

胸とお腹の間にも可動域があり、前後左右に動かすことができます。

くびれを利用したセクシーポーズや、モデルのようなS字立ちをも表現することが可能です。

 

某人気漫画の主人公のごとく、必殺技のポーズを再現してみました。

足の指の付け根も動かすことができるため、左足の先をピンとさせることによって臨場感を出しています。

あと言い忘れていましたが、こちらのデッサン人形には「台座」が付属してあるため、複雑なポージングでも安定して立たせることができます。

 

こちらは大空を自由自在に舞ってる人をイメージしました。

ファンタジーのイラストや漫画を描く人にはおなじみのポージングだと思います。

 

例外:作れないポーズ

体操選手のように柔軟をしようとしている人形ちゃんですが、手が足に届くことはありませんでした。

胸と腰の関節がこれ以上曲がらないため、体を二つ折にすることはできませんでした。

ですので、このようなポーズを作るのは不可能です。

また体操座りのポーズですが惜しいです。

もう少し腰が曲がれば自然なポーズが作れたのですが、ここが限界のようでした。

体操座りのポーズは画像の資料のほうが豊富なのでそちらを参考にするのがよいかと思います。

 

使用してみて感じた不満点

私個人としての不満点はないのですが、客観的に無理やり挙げるとするならば大きく分けて2つあります。

1:人形のサイズが小さい

デッサン人形の左側に飲み終えたライフガードを並べてみました。

台座で浮かせてるのにも関わらず、500mlのペッドボトルよりも小さく細い印象です。

サイズが小さくても作りが細かいので、イラスト制作において何ら不自由はないのですが、ポーズを作るときに他の関節も同時に動かしてしまい時間がかかってしまうことがあります。

 

もともと記載されていたサイズを確認せずに買った私が悪いのですが、ペッドボトルくらいのサイズがあれば嬉しかったですね!

(作るコストを考えると、ふざけるなって思われそうですが…笑)

 

萌イラスト向きではない

デッサン人形の頭身を見ていただければわかる通り、こちらは萌イラスト向きではありません。

どちらかというと「リアルよりのイラスト」「アクション作品」よりです。またスタイルがいい素体なので「少女漫画系」にもよく合いますね。

萌イラストは基本的に頭が大きく体も丸みを帯びているのが特徴なので、このデッサン人形をポーズの参考に使うのはオススメできません。

萌イラスト用のデッサン人形をお求めの方は「ToLoveる」などを連載中の「矢吹健太郎」先生の作風をモチーフにしたボディちゃんをオススメします。

 

まとめ

  • 素体のスタイルが良いので、アクションや少女漫画、リアルよりの作風によく合う
  • 萌系の作風ではあまりお勧めできない
  • 基本的に求めるポーズは作ることができるが例外もある(例外作れないポーズを参考)

 

デッサン人形はPCの傍においておくだけで、わざわざ資料を探さなくてもポーズの確認が行えます。

値段は安いとは言えませんが、時間の節約と何より画力が一気に向上するので「絵がうまくなりたい!」という方は本当にお勧めします。

 

コメント