イラストにおける眉毛の描き方【簡単3手順】 

描き方講座
A君
眉毛の描く位置が全然分からない!
B君
前髪と重なったときはどうすればいいの?

 

イラストにおける眉毛の描き方について描かれた記事が少ないように感じました。

今回は私流の眉毛の描き方と、以上のような疑問に答えていこうと思います。



眉毛の描き順【簡単3手順】

ひとえに眉毛の描き方といっても人それぞれで違いますので、今から紹介する描き方というのが絶対的に正しいというわけではありません。

私が数年絵を描いていて一番しっくりきた眉毛の描き方を分かりやすく「3手順」で紹介します。

1:眉毛の幅を決めるための線を描く

眉毛の形と幅を決めるための1本線を引きます。

基本的に「困り顔」や「怒り顔」以外の女性の眉毛は下に垂れると思っていただいて構いません。

 

さて眉毛の1画目を描くとき、守ってほしい法則が1つあります。

それは「線の入り抜きを必ず目頭から目尻」にすることです。

基本的に眉毛というのは目頭のほうに毛が多く集まっており、目尻にかけて薄くなります。

毛が多く集まっている部分は線画の色も濃くなり、反対に毛が薄い部分は線画の色が薄くなるので目頭が線の入りとなり、目尻が線の抜きとなるのです。

 

2:眉毛の太さを決めるための線を描く

 

アニメ絵は眉毛を省略して1筆で終わらせたり、プロのイラストレータにも女の子の繊細さを表現するため1筆で終わらせる方がいらっしゃいます。

しかしここでは眉毛の太さを作り、一般的なものを解説していきます。

 

オレンジ色で囲った眉毛の2画目は「太さ」を作るためのもので、三角形になるようにやや右下に向かって描いてください。

この線を長くすると最終的に眉毛は太くなり、反対に短くすると細くなります。

 

3:最後に線を繋げる

3画目は「1画目の目尻部分にかけて線を繋げる」で、ここでも描き順は目頭から目尻です。

上記画像を見て分かる通り最初は空間があるのですが途中から1画目と線が重なり、最終的に1本の線になります。

このようにほぼ同じ太さの眉毛も画風によっては十分アリだと思いますが、やはりグラデーションのようにだんだん細くしていった方が見映えがよいです。

「眉毛は3画」←これを頭に叩き込んでおけばOKです!

 




顔の中で眉毛を描く位置が分からない!

眉毛単体での描き方が分かったところで、描く位置を間違えてしまったら元も子もありません。

ただ眉毛の描く位置は、画風やキャラクターの属性によって大きく変わります。

まつげの幅に合わせるだけ

 

眉毛の横の位置ですが、基本的にまつげの幅に合わせるだけで自然な感じになります。

幼い子供やゆるふわ系のキャラクターは眉毛の長さが短く、眉毛の線を目尻まで伸ばさなくてOKです。

また知的な女性やドS系の気が強いキャラクターを描きたい場合は、ここからさらに眉毛の線を長くするとよいです。

 

リアル(3次元)の眉毛はどうなってるの?

 

 

リアル(3次元)の眉毛の長さは、女性の場合「目頭をやや超えた箇所から目尻をやや超えた箇所まで」が普通です。

ただ二次元イラストで同じような長さにすると、左右の眉毛が互いに近づきすぎて不自然になってしまいます。

眉毛の長さを伸ばしたい方は、目頭の方ではなく目尻の方を伸ばしてくださいね。

 

幅さえ決まれば高さはお好み

 

眉毛の高さをどうすればよいのかと問いに対する答えは「お好みで」です。

ただあまりにも目と眉毛が離れすぎたり近すぎたりすると、不自然なイラストになってしまいます。

基本的に私が眉毛を描くときの高さは「目の約1個分」です。

 

もしあなたがリアル寄りのイラストを描きたい方は眉毛と目を近づけるとよいです。

(3次元にいる多くのイケメンや美人に共通するのは「眉毛と目が近い」ですからね)

 

反対に天然キャラクターや赤ちゃんなどを描きたい方は眉毛を高くするとそれっぽくなります。

けいおん!」の主人公の平沢唯(天然ゆるゆる系)は、目と眉毛が結構開いていますよね?

 

前髪と被るときはどうすればいいの?

前髪をあげているキャラクター以外、基本的に女性の眉毛は前髪に隠れてしまうことが多いです。

眉毛はキャラクターの表情を決める最も重要なパーツですが、前髪の上から線が見えるのは理屈上おかしな話です。

では一体どうすればいいのでしょうか?

基本的に髪の毛から浮きだたせる

3次元(リアル)の世界では、前髪に隠れた眉毛の線が見えることは絶対にありません。

しかし二次元イラストの場合、理論を通り越して「髪の毛の上」に描くのが一般的です。

たった1枚でキャラクターの心情を表現するためには、顔の表情を作っている眉毛が欠かせないパーツだからです。

髪色が暗い場合、眉毛が埋もれてしまう!

黒髪などキャラクターの髪色が暗い場合、眉毛が埋もれてしまうことは多々あると思います。

あえて眉毛を明るく塗ることで目立たせるのもありですが、非常に違和感のあるイラストになってしまいます。

基本的には解決方法は「髪色よりも濃い色で塗る」です。

髪色よりも薄い色で塗ったところで、黒に近い色のほうが勝ってしまいます。

なので眉毛を埋もれさせないためには、眉毛の色を濃く塗るくらいしか方法がないのです。

表情によって変わる眉毛の描き方

皆さんお分かりの通り、眉毛は喜怒哀楽によって形が大きく変わります。

人を馬鹿にしてる表情の時

「人を馬鹿にしてる時」や「悲しんでる時」の表情だとS字を伸ばした感じの眉毛になります。

ちなみに口がハの字になっていると「悲しい表情」に変化します。

自信満々な表情のとき

口角をあげたまま眉毛をV字にすると自信満々な表情になります。

私が描く場合、眉毛の先端はまつげに触れるか触れないかのきわどいところまで伸ばします。

怒っている表情のとき

自信満々な表情と眉毛の描き方は変わりません。

口を開けるだけで、怒ってたり不満を持っている表情の出来上がりです。

眉毛は直線であればあるほど、怒っている雰囲気を出すことができ、V字を曲線に近ければ表情が柔らかくなります。

 



コメント