クリップスタジオで直線を引く方法【PC版・Ipad版別】

ソフトの使い方

クリップスタジオのイラスト制作において「綺麗な直線を描きたいんだけど…」というお悩みを持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

直線ツールを使用してペンで慎重になぞっても、どうしてもブレてしまいます。

今回はあっという間に綺麗な直線を描く方法を「デバイス別(PC/Ipad)」でご紹介します。




PC版「クリップスタジオ」で直線を引く方法

PC版イラスト制作ソフト「クリップスタジオ(Clip Studio Paint pro・EX)」においての直線の引き方の紹介です。

キーボード「Shiftキー」を使う

まずクリップスタジオ編集画面左、サブツール欄にある「/」をクリックして「直線」を選択してください。

視力が優れている方であれば直線ツールを使うだけで綺麗な垂直線を引くことができますが、多くの方は、そんな特殊能力を持っているわけではありません。

直線ツールを使用しているため、フリーハンド特有のズレは生じませんが、横の辺に対して垂直な線を下ろそうとしても上手くコントロールできないのが普通です。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

解決方法はシンプルで「Shiftキー」を使うことによって綺麗な垂直線を引くことができます。

直線ツールを選択した状態で「Shiftキー」を押したままの状態を維持します。

そのまま線を下に引っ張り、終着点でペンを離したあとに、指をShiftキーから外します。

(左利きの方は右手でShiftキーを押さなければいけないので大変です…)

上記画像が「Shiftキー」を使用して描いた「縦線」「横線」で交わる点は90度になっています。

このようにPC版のクリスタではShiftキーで綺麗な直線を描くことができるのです。

直線ツールを使用すると、筆圧がすべて一定になるため、その点はご了承ください。

Ipad版「クリップスタジオ」で直線を引く方法

(画像の引用:Clip Studio Paint公式サイト様)

PC版では「Shiftキー」を使用して垂直線を引きますが、Ipad版でも「Shiftキー」を使用します。

え?IpadにShiftキーなんてないよ?

と思われるかもしれませんが、Ipad版では画面の左端からキャンパス方向に向かってスワイプすることによって「修飾キー」が表示されます。

この修飾キーの中に「Shift」という項目があるのでそちらをタップしたまま、直線ツールで線を引くと綺麗な垂直線を引くことができます。

まとめ
いかがでしたか?

PC版ではキーボードにあるShiftキー、Ipad版ではスワイプによって表示された修飾キー「Shift」をタップすることによって、ズレのない直線を描くことができます。

 



コメント